特別講演1 川端裕人先生(作家・ジャーナリスト)『優生思想の標的としての「色覚異常」から「色覚多様性」の時代へ』
特別講演2 内田理先生・山本義郎先生(東海大学)『災害時のソーシャルメディア利活用』
特別講演3 中山和弘先生(聖路加国際大学)『ヘルスリテラシー、情報の信頼性の確認と合理的な意思決定のスキル、Covid-19の予防行動』
シンポジウム エコヘルスプロジェクト(エコヘルス研究会との共催)11月13日 15:30-17:30
(YouTubeチャンネルで同時公開することも検討中です)
一般講演 (オンラインでの口演及びポスター形式)
懇親会 (オンラインでの実施を構想中)
  • 一般講演の演題は2021年8月15日から9月20日9月26日まで申込を受け付けます。A4サイズで2ページの抄録を作成し,pdf/docx/odtのどれかの形式で参加登録/演題申込フォームに添付してください。口演かポスターかについては,希望人数により,大会事務局でご希望とは異なる区分にさせていただく場合があります。(注:9月20日までの申込では口演スロットに余裕があるため,申込期限を9月26日まで延長しました)
  • 抄録の様式は例年同様,(1) 上下35mm,左右30mmの余白を空け,(2) 1行目に16ポイント明朝体中央揃えで演題を記入し(サブタイトルがある場合は2行目に前後にダッシュを入れた14ポイント明朝体中央揃えで記入し,ない場合は2行目空欄),(3) 3行目に12ポイント明朝体右揃えで報告者氏名(演者の前に○,所属番号の肩字を伏す)をコンマ区切りで並べ,(4) 4行目に12ポイント明朝体右揃えで所属(報告者氏名に伏した肩字に続けて)をコンマ区切りで並べ,(5) 5行目を空け,6行目から12ポイント明朝体両端揃えで本文と引用文献リスト(日本健康学会誌と同じ形式で),(6) 末尾にCOI表示(開示すべき利益相反がある場合は記載,無い場合は「本演題に関連し,開示すべき利益相反はなし」と記載)です。